FC2ブログ

東野圭吾作品【プラチナデータ】

プラチナデータ



東野圭吾作品の映画、始まります。



とりあえず、原作読んでます。


プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)
(2012/07/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る



えーーーっ。


主人公、ニノなのぉ?(嵐の二宮ね。)


いがーーーい。


誰なら納得かって、これまた難しいけど。



この物語のざっくりとした内容は、


遺伝子情報から、犯人をつきとめるDNAシステムっていうものを国が始めたわけですよ。

このシステムの発明者が、殺害されてしまったわけです。

主人公(これが、二宮)は、そのシステムを使って、犯人をつきとめようとするんですが、

システムが出した結果は…なんと!

主人公人だったわけです。

身に覚えがないのにね。

『システムが出す結果は絶対!』

だと言われてるなか、

機械なんぞに頼るコトをおもしろく思っていない刑事(これが、豊川悦司だね)がいて、刑事とこの主人公とで、あーだこーだ繰り広げ、真実に至る内容です。


犯人については、途中でみえてきますが、なんだか、物語の構成がうまいので、ついつい引き込まれてしまいました。


読んだあと、そんなシステムの世の中になってしまったら、怖いな~と思う反面、

犯罪をなくしたいのなら、システムを使って、人間を管理してしまった方がいいのでは?

と思ったりもしました。

犯人を捕まえることはできても、犯罪を防ぐことは、出来ないんだろうなぁ。。。

それが出来る世の中になるなら、人々から

『自由』ってものが、なくなってしまうけど。


これから先の世の中にあり得る世界観。

お勧めの一冊です!



プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)
(2012/07/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る



ただ…え?!そんな終わり方?ってかんじではありました。


映画は、どんな終わり方なのかな?


テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

東野圭吾作品【さまよう刃】

大好きな作家の一人、東野圭吾。




とりあえず、単行本から


文庫本になってるモノは、


すべて読んでいます。


単行本→文庫本になる時、一部加筆修正する作家さんがいたりするらしいです。

ってことは、やはり単行本も文庫本も両方読んだ方がいいのかなー?




ミステリー。


結論は、わかっているけど、

『何故そーなってしまったか』

そんな部分を想像しながら、飽きのこない仕上がりになっている物語が多い東野圭吾作品。


私は、読んでいて飽きません。




今回、お勧めしたいのは さまよう刃 です。



さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る



こちら、映画化され、TVでも放映されています。

映像化されるにあたって、かなり期待度が高かったです。


DVDは、こちら。

さまよう刃 [DVD]さまよう刃 [DVD]
(2010/04/21)
寺尾聰、竹野内豊 他

商品詳細を見る



ざっくり言えば、少年犯罪に対する復讐の物語。

父娘の2人暮らし。
大切な一人娘が、花火大会へ出かけた後、行方不明に。
父は、捜索願を出した。
数日後、無残な遺体となって発見された娘…。

衝撃を受けた父のもとに、犯人の名前と住所を密告する電話が…。


と、そんなところから始まる復讐物語なんですが、いやー深い。


現在の少年法のあり方を考えさせられる気がします。

被害者家族、加害者家族…

どっちの立場に立っても平等な感情でいられると良いですが、なかなか難しいものですよね。

復讐は、良くないことって頭でわかっていても、大切な家族を奪われたとなると、いてもたってもいられなくなるのでしょう…。


やられたら、やりかえす。


そんな簡単な復讐物語ではありません。


さすが東野圭吾。

是非、原作とDVD、両方チェックしてみてください。



今夜は 夜行観覧車

今夜、10:00~ TBSで放送の

夜行観覧車


ドラマは、原作と少し違うのかな~っという
かんじです。





夜行観覧車 (双葉文庫)夜行観覧車 (双葉文庫)
(2013/01/04)
湊 かなえ

商品詳細を見る




おそらく、裏切らない結果になるとは思います。



ドラマで、宮迫がとっても怪しげな感じになってますけど、原作だと全く存在感なしですから~!



そりゃいいとして、



湊かなえの作品ですけど、どれをとっても独特です。



松たか子が、主演だった映画


『 告白 』



も、かなりよかったですけどね。



全体のストーリーが、読めないといいますか、ひとつずつ明かされていくとうか…


一人の人物に焦点あてて、物語が展開されていく訳ですよ。



そして物語が最後に、一つにまとまるという。



初めて、湊かなえの作品を読んだとき、衝撃でした。


この夜行観覧車も同じように、一人の人物が色々と語っていきます。


とある街で起こった


殺人事件を


登場人物の視点から


語られていきます。




なるほどねぇ。


死んだ人間には、かなわない。


そんな儚い物語です。


放送中のドラマからは、今のところわかりませんけどね。


ドラマを観て、原作読んでみてくださいね。




テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

プロフィール

怪盗きっど570

Author:怪盗きっど570
訪問ありがとうございます。

色々と好き勝手に紹介してます。
とくに、ご当地お菓子(お土産)を沢山紹介しています。お土産選びの参考にしてみてください。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
かうんたー
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR